図書館リアイベHH07止めよ狂竜迎えよ仲間

殲滅! オーク軍団

参加無料のチャットイベントその2「殲滅! オーク軍団」について
21/11/16

 ドローレムに同行していたとされながら、忽然とその姿を消してしまった、謎のオーク軍団。
 オーディア島にはこれまで、先遣隊やはぐれ部隊とおぼしきオークの集団しか発見されてこなかった。しかし、ついにその時がきたようである。そう、ついにオークの大軍勢が、オーディア島に出現したのだ。
 海岸線等を一定程度監視していたにも関わらず、どういうわけか島の南部を主として続々と出現。グラスター街道で群列を為し、すでに近隣の村や街道往来に被害が出ていた。
 そして、オーク軍団がもっとも集まっている場所が、ローレックの街から南に15kmほどの、野獣の丘であった。
 ここまで接近を許してしまったが、これ以上、近づけるわけにはいかない。即時の迎撃が必要だ。
 しかし、その丘だけでも、オークおよびダークオークの数は、少なく見積もって数百人。さらに周囲にもかなりの部隊が散見される状態である。
 ローレック騎士団は北方からの脅威に押されたままだ。ここはハウンドが、全力で当たるしかない。
 最前線に立ち、侵攻を食い止めるか。
 後方から、上方から、地道に、あるいは派手に攻撃するか。
 仲間を援護するか、伏兵をあぶりだすか、近隣の村の支援に回るか。
 できることは、ハウンド次第。
「ダークサイドだろうが、重武装しようが、オークはオークだ。美味しく片付けてやれ!」
 ギルドマスターの檄が飛ぶ。いざゆかん、ハウンド同志よ!

[本イベントについて]
 特設チャット「ドローレム対策室」を用いて行なう、無料で誰でも楽しめるダイス&ロールイベントです。
 開催期間は11月12~14日です。
 各日、1キャラあたり1回、ダイスを振ることができます。ダイス目の合計が高いほど、よい結果を残せたことになります。3日間合計の目標値は5000であり、ここに届けば成功です。さらに多ければ多いほど、リアイベ(主にグラシナ)にいい影響を与えます。
 ダイスは、チャット発言欄に、半角で[d100]と入力することで振ることができます。どんな行動をするかを発言し、続いてダイスを振り、ダイス目に応じたロールプレイをするのが一連の流れです(ロールプレイは省略されても、ダイス目はカウントされます)。
 チャットイベントは終了後、報告書(リプレイ)にまとめられます。また、優秀貢献者には褒賞が与えられます(別項参照)。
 皆でダイスと発言を行い、よりよい成果を目指しましょう。

[褒賞について]
 もっとも高いダイス目を出したキャラ(優秀貢献者)には、ギルドより褒賞が与えられます(同数者複数の場合、その全員に与えられます)。
 褒賞は「無料ガチャポイント200点」と、「C、B、Aランクの中からお好きなカード1枚(オンリーワン系を除く)」となります。
 優秀貢献者の発表は、イベント終了後、同チャット内で行います。選ばれたキャラは、発表後1週間以内に、欲しいカードをチャット内で発言してください。
21/11/02

リプレイ「食えないオークはただ蹴散らす」

[1日目]
 野獣の丘。そこは今や、野獣とも呼べそうなオークとダークオークがひしめいていた。
「たいへんやーてきしゅうやで!」
 ガーベラ(dz0030)の警告に続き、 コー(dz0021)やレネット(da0035)は偵察を行い、伏兵も次々発見。
「あのかげにもたくさんあつまってましたわっ」
 レネットが報告すると、逆方向から戻ってきたベドウィール・ブランウェン(da1124)も。
「こっちにもいい団子ありましたよ。誰かそぉい! してくださーい」
「では焼き団子でいただいちゃおう‥‥ファイアボム!」
 オスカル・ローズ(da2033)が先手を打つ。
「偵察おいてかれた‥‥! こっちはこっちで落とし穴掘っちゃうもんね!」
 リザ・アレクサンデル(da0911)が罠設置に動くと、何名かもこれに従事。進軍を押さえるに足る落とし穴が出来上がり、向かってきたオークが続々と落ちていった。
「これは観察に役立ちますね」
 セヴラン・ランベール(da1424)は落下したダークオークを眺めた。哀れなことに、そいつは兜が前後逆になってることに気づかず、闇雲に斧を振るっては、触る仲間をみな傷つけていた。
「好機! おれに続け!」
 パイロ・シルヴァン(dz0039)が突撃を敢行すると、アンドレ・カンドレ(da2051)も愛馬にまたがり並走。
「俺も行くぜ、俺も行くぜ、俺も行くぜ! ‥‥アッー!?」
 だが、シーザー・ハスキーヌ(da0929)は仲間の掘った落とし穴に落ちてしまった。哀れなことに、シーザーは兜が前後逆になっているダークオークを踏みつぶしてしまった。

 緒戦はかなりの激戦となったが、ハウンドは撤退せずに持ちこたえた。
 優雅に戦うシュゼット・ティトルーズ(da2115)、寡黙ながら拳で(あるいは筆で)語るパメラ・ミストラル(da2002)、真面目に戦うソーレ・スクード(da1213)、真摯に援護するリディオ・アリエクト(da0310)、的確な魔法のティファル・クラウディア(da1913) 、治療にあたるシャーロット・ショルメ(da2142)‥‥
「ほっほっほ、皆さんご苦労ですな」
 ビア・ダール(da1972)がねぎらいのビールを差し入れできたのは、つまり戦いが一段落したのは、陽がすっかり沈み、月が煌々と灯る夜半であった。

[2日目]
 勢いが衰えたかに見えるオーク軍団。だがハウンド軍団もまた、疲れからか、不幸にも黒塗り高級鎧のダークオークに追突してしまうエルシー・カル(da2004)。後衛をかばいオークの群れに立ちはだかるシーマ・アルテタ(da2139)に対し、ガーゴイルの主、セリス・エクレール(da2012)が言い渡した援護の方法とは‥‥
「ゴレムガー、ロケッ○パーンチ!」
 ドッゴーン。一部でスーパーGGタイプと呼ばれているかもしれないゴレムガーの火力が、なんとか劣勢を押し返す。
「やれやれ、今日は前衛は不調じゃのう」
 ケイナ・エクレール(da1988)がこう言うと、リュドミラ・ビセット(da1372)は「まったくです」と言いながら矢を放つが、ずいぶん狙いが逸れた。
「あら‥‥後衛も不調みたいですね」
「ああもう、食えない豚は死ね!」
 ユミル・エクレール(da1912)が苛立ちを爆発させる。心身ともに、疲れが溜まっているからこそ、ミスも目立ってくるのだろう。
 ――なかには、こんなミス多発事件もあった。
「ほい、ミストフィールドで攪乱させてからのヴィンドスヴァルです」
 アンカ・ダエジフ(da1743)が、一対多数で有効そうな戦術をやりだすも、霧の発生に仲間も巻き込んでしまう。
「ちょいと、これじゃあたしらも前が見えないんだけどねぇ‥‥オークの匂いで気配が分かるけどさ!」
 セイ・ローガン(da1834)が斧を振り抜く! ガッキィン!
「おわぁ!? オークじゃねーよオークじゃ!」
 なんとグドラ(da1923)に命中させてしまった。
「あ、ごめんよ‥‥ヘンなにおいがしたもんでつい」
「失礼な‥‥新しいバーレルアーマーがなきゃ死んでたぜ‥‥これ、そんなに匂う?」
 などと混乱はなおも加速。
 チャウ(da1836)など、霧の先にいるのがオークと思ってデスを唱えるも、相手はコニー・バイン(da0737)であった。
「ちょちょちょちょ、シャレになんないべよ!?」
「ありー?」
 さらにはキョン・シー(da2057)のトルネードによるスカート巻き上げ事件(自身を含む)などもあり、ハウンドの戦列はみだらにもとい乱れに乱れた。
「平常運行とも言うけどねー」
 エア・カイザー(da1849)は仲間の乱痴気騒ぎを気にもかけずに敵陣へ切り込むのだった。

[3日目]
 激戦が続くと、心の深い部分に重い傷を負う者も出始めた。
「何があったんじゃ‥‥話してみんかい」
 ブライアン・カラブローネ(dz0011)は、非常に重いトラウマを負ったとおぼしきカモン・セリーザ(da2154)をカウンセリングしていた。
「ウッウッウッウッ、オークのメス怖い、オークのメス怖い‥‥」
 まともに喋れないカモンに代わり、目撃者のマレマロ(dz0040)とロロイン・パールツァ(dz0051)が状況を説明する。
「なんていうか、助けようとしたんだけど‥‥食われそうになってたっていうか、先っぽちょっとぐらい食べられてたかもしれない、うん」
「すごいテクニックだったよ‥‥助けるのがあと少し遅れれば、もうオークなしでは生きられない身体にされてたと思う」
「‥‥二人とも、テキトーなこと語っておらんか?」
 事態を重く見たブライアンは、無理に聞き出すことをやめ。
「さぁ悪い記憶はどんどんしまっちゃうんじゃ‥‥そのうち出てくるけど、今はゆっくり休むがええ‥‥医療班!」

 だが大丈夫、ハウンドにはまだ、まだまだ、奮闘できる者がいた。
「ふはははは、我が魔剣は朝から血に飢えている!」
 トサ・カイザー(da1982)はとどまることを知らず。
「拙者もグリーヴァブレードで薙ぎ払うでござる!」
 ブシラ(da1951)も遅れまじと続く。
「残党狩りならお任せを。ルナ、ルナ、そしてまたルナ――」
 ラーラ・ヒューイット(da2137)も魔法で追撃、気づけば、大量のオークは皆、もはや動くことあたわず。
「メテオを撃ち損ねた‥‥昨日、霧の中でテキトーにぶっ放しておくべきだったか」
 ソランジュ・スピース(da2063)が肩をすくめたとき、発見されていた全てのオークが駆逐されていたのであった。

 3日続いた激戦により、ハウンドも少なからず損害を出したが、ローレックの街は無傷、周辺地域の被害も軽微に留まった。
 なにより、現時点で補足した敵戦力を全て除去したのである。これはドローレムとの対決の際、余計な障害が取り除かれたことを意味するため、非常に意義のある結果と言えるだろう。

戦果:成功!
21/11/16