エッダの館(出来事&更新情報)

やはり最後は──

黒騎士として、父として、戦士として、男として──戦い抜いた。

サイケな夢で踊り踊れ

いや肉を食べてもいいし、バクをおいかけまわしてもいい。自由とはそういうものだ。特に魔の森でバッドトリップして得た自由では。

再会の果てに

そうだな。いつか、ショウと一緒に行こうか

海賊からの依頼、その先には

「メロウを食べれば不老不死になるなんて全くのガセ! ナンセンス! 交流のない種族ゆえに誤解が多いが、そもメロウ側が交流を断とうとするのは、我々が欲に目がくらんで漁獲しようとするためではないか!
 いいかね、メロウはね‥‥いいもの、なんだよ‥‥
 で、あるからして、そのへんうまいことやるためにだね、海賊の依頼? それはチャチャッとテキトーにやっといてだね、ダークメロウについてしっかり調査を頼むよ、ハウンド諸君!」

異色の新種族を迎えて

 竜犬、第6回リアルタイムイベント「闇の子と聖なる契りを」開催!
 リアイベとは、大きな流れの物語をキャラの参加によって紡いでいこうという企画です。結果が世界、ストーリー構築に深く影響しますので、ぜひご参加いただきDH世界の未来を創り出して下さい。
 リアイベは、連動シナリオ・特設掲示板・グランドシナリオ等によって構成されます。
【HH06】オープニングコミック

ヴァンパネーロ、ハウンドギルドに加入開始

 本来、ハウンドとは関係のなかったはずの、ヴァンパイアという存在。その騒動に巻き込まれた結果、ギルドは特殊な活路を見出す。
 吸血鬼でありながら、人間の特性をも強く備えた、善なる「半人半吸血鬼」。その存在を知ったギルドマスターは、大胆にも彼らをハウンドとして迎える決定をした。
 確かに、ルミナを宿し、主要クラス全てに就くことができる。しかしその体は、「闇の住人」としての特性を宿している。
 それゆえに、闇の力に対抗しうる。だがそれゆえに、聖なる力に阻害されかねない。

公証人コーは語る(あらすじ紹介)

←タップで「ここまでのあらすじ」ページへ
 新人ハウンドさんですか? 大丈夫、図書館長で公証人で語り部でシフールのコーが、ハウンドギルドの歩みを教えてあげますよー。